チ-ヤンの気持ち

ホーム / にゃんこの気持ち / チ-ヤンの気持ち

おれ、チ-ヤン。

平成2年生まれの20歳。
そして、カルテNo.26。

ネオさんの開院が平成元年やから、
津村先生がまだピチピチしてた頃から
ず~っと共に生きてきました。

最近は、先生も年くったなぁ~と思うけど、
これは内緒。
あの頃とは違う意味でピチピチ(白衣が)やけど、
これもゆうたらあかんで。

おれには平成元年生まれの
チャ-チャンっていう兄貴分がおってん。
穏やかで、優しくて、忍耐強くて・・・
入院も長かってんけど、先生たちにもいっつもスリスリで・・・
呼ばれるとすぐにニャアンって返事する、
みんなに好かれるいい兄ちゃんやったなぁ・・・
思い出したら、涙が出るぜ・・・

兄ちゃんと違っておれは・・・
病院ではどっちかっちゅうと固まるタイプってやつですか?
(トイレの砂みたいやな)
あんまり声も発しません。
そんでもって、時が過ぎ去るのをじっと待ってます。

先生や看護師さんに
「黒っぽい毛色が渋いなぁ」とか、
「筋肉質やなぁ。がっちりタイプ?」とか、
「でも丸いお尻がかわいいなぁ」とか言って撫でまわされても、
兄ちゃんのように気の利いた返しはできません。

自分、不器用ですから・・・
許してください。

なあ、兄ちゃん、
おれたちホンマにええ家族に飼うてもうたよな。

先生もいっつもゆうてはる。
チ-ヤンのお家の人は、本当にまじめで誠実で信頼できるって・・・
先生のお墨付きやで!
先生とお母ちゃんやお姉ちゃんも長い付き合いやもんな。
ようわかってくれてはるわ。

兄ちゃん、おれも点滴のお世話になる年になったわ。

お姉ちゃんたちはおれのために一生懸命練習してくれてな、
ずっと家で点滴してくれてんねんで。
ありがたいなぁ・・・

おかげで、二十歳になっても、このハリとツヤや!
めしもおいしくいただいてます。

不器用なおれやけど、
兄ちゃんの分まで長生きするわな。

ほんでな、兄ちゃん、
これからもずっと、
お父ちゃん、お母ちゃん、お姉ちゃんたちを守ったってな。

頼むで、兄ちゃん。

弟より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です