保健所に収容されている動物の処分について、現状をご存知ですか?

ホーム / HP担当日記 / 保健所に収容されている動物の処分について、現状をご存知ですか?

こんにちは!ネオ動物病院のホームページ担当 野崎です!
動物に関わるものとして、やはりこの実情を知って欲しいと願うから
今回から4回に渡って、保健所に収容されている動物の事について
書きたいと思います。

今、日本国内で殺処分されている犬は年間およそ10万頭、猫はおよそ24万頭で
30万頭を超える動物(犬、猫)が、保健所で死んで「いって」います。

日々、およそ821頭もの命が亡くなって「いって」いるのです。
1時間毎におよそ34頭もの命が亡くなって「いって」いるのです。
2分毎におよそ1頭の命が亡くなって「いって」いるのです。

亡くなっているという表現は正しくありません。
人間が、人間の手によって、殺しているのです。
しかも、「いって」と表現しているように、現在進行形で進んでいっています。

その原因について、どんな要因があるかご存知ですか?
飼主の要因として、理由は大きいものであげると3つあります。

1つ。無責任な飼い主
2つ。去勢避妊を行わない為、無秩序に増えすぎた命
3つ。金銭面や、しつけ。

他にも細かい点を挙げだすと切りがないくらい要因はありますが
いずれにせよ、我々人間がそういった原因を作っているのです。

(何かしらの理由により)飼えなくなったから、保健所に相棒を持ち込んだ飼主。
相棒が保健所に収容される期間は自治体によって異なるがおよそ3日間。
3日間相棒にとっては訳のわからないところに収容され怯え
そして3日後に、二酸化炭素による昏睡と自発呼吸の停止による窒息死を迎え
焼却されるのです。
中には意識が残ったまま焼却される動物もいます。

こんな馬鹿な話はありません。

なぜなら我々人間が正しい知識を持ってさえすれば、このような悲しい事は起きないのですから!

動物を飼うというのには責任が生まれます。
責任とは、立場上当然負わなければならない任務や義務のことを指します。
それを放棄する事は、その子を見捨てる(殺す)のと同じです。

そのような事がないように、我々がすべき事はたった一つ。

「犬や猫を捨てない」

この1つにつきます。
保健所に預けるという表現がありますが、それは捨てるのと全く変わりありません。

このページをみて頂いた、飼い主様や、動物を愛する人には是非
正しい知識を見につけ、このような不幸が連鎖してしまわないよう
これらの事実を色んな人に伝え、防いでいくという話を伝えてほしいと願います。

次回の記事【12月21日投稿予定です。】では、一つ一つの要因について記載したいと思います。

野崎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です