HOME

診療時間

完全予約制ですので、まずお電話ください。
TEL:06-6933-6785
メールでの予約やご相談には対応しておりませんので、必ずお電話でお願いいたします。

ご挨拶

動物たちにとって 何が一番良い方法か、飼い主の方と私たちとで話し合いながら治療をしていく 「必ず中心に動物たちがいる」
そんな治療を心がけています。獣医師1名と動物看護士1名、看護助手1名のすべてが女性ですので、疑問に思う事、分らない事なども聞いて頂き易いと思いますし、私たちもできるだけ分りやすくお応え出来るように努力しております。
スタッフ全員、それぞれに愛犬・愛猫がおり、飼主でもありますので自分の子が病気をした時の つらさ、大変さは経験もしており、
又、患者さんの献身的な看護に励まされ、力を頂く事も多々 あります。長年この仕事をしてきて痛感するのは、やはり
「動物を一生幸せにしてやる」ためには 「強く・賢く・優しく」あらねばならないという事。
人はなかなか強くなれないものですが、 我が子のために強くなられる患者さんはたくさんいらっしゃいました。
私たちは、そんな皆様の頼りになる存在であり続けたいと思います。

お知らせ

2022年3月29日 GW中の診療についてお知らせ

・GW中は5月1日(日)~5月5日(木)が休診となります。
・4月30日(土)は通常通り診察致します。
・点滴等通院の必要な子は時間を決めて診せさせていただきます。
・フードのご注文はお早めにお願い致します。

 

2021年12月10日 休診のお知らせ

12月25日(土)午前中臨時休診、12時から診療となっております。
また、12月30日から2022年1月4日までは休診となっております。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

2021年9月25日 休診のお知らせ

2021年10月2日(土)は臨時休診させていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

お待たせするのを防ぐためと、コロナ対策として待合が蜜にならないために、完全予約制にさせて頂いております。必ずあらかじめお電話ください。

※土曜日は予約が早く埋まりますので、緊急以外は当日予約は難しい状況です。ご予約はお早めにお願いします。

 

2021年7月1日 お盆の休診のお知らせ

 

2021年8月12日(木)~8月16日(月)が休診になります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
点滴通院されている方や、継続治療の必要な方は、休診中も時間を決めて診察いたします。

お待たせするのを防ぐため、完全予約制にさせて頂いております。予めお電話下さい。
※土曜日は混み合いますので、ご予約はお早めに。

 

2020年11月28日 各種お知らせ

・2020年12月19日(土)9:30~13:00 臨時休診いたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

・年末年始は2020年12月30日(水)午後から2021年1月4日(月)休診となります。
通院の必要な方は休診中も予約診療いたします。

・腹部ドック+胸部レントゲンを受けましょう!
甲状腺や膵臓の病気が見つかる子が増えています。
早くわかれば治療してやれます。元気そうに見えても7歳以上の子は年に2回、7歳までの子でも年に1回は調べて早期発見、早期治療に努めましょう!

※土曜日は混み合いますので、ご予約はお早めに。

 

2020年4月8日 新型コロナウイルス対策について

 

新型コロナウイルスの感染を回避するため、当院では以下の対策を講じたいと思いますので、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

1.完全予約制ですが、待合室が混み合わないよう予約を調整し、できるだけ30分毎に入れるようにしますので、予約時間厳守でお願いいたします。

2.待合室が混み合っているようであれば、前の公園やお車の中でお待ち頂いてもかまいません。外で待たれる旨をお声がけ頂ければ、順番が来ましたらお呼びいたします。

3.できるだけ少人数でお越しください。また、できるだけ距離をとって座って頂き、お話はできるだけ控えてください。マスクの着用をされた方がよいと思います。

4.体調の悪い方、発熱のある方、2週間以内に渡航歴のある方は、来院を控えて頂き、代理の方にお願いしてください。

5.換気のため、換気扇は24時間稼働し、窓も開けております。暖房もつけておりますが、どうしても寒いかとはおもいます。密閉環境にしないためですので、申し訳ありませんがご了承ください。

6.定期的にドアノブや椅子をアルコールで消毒しておりますが、手洗い石鹸や、手指消毒用アルコールも置いておりますので、お使いください。

皆で協力しあって、一日も早い収束を迎え、動物たちの診療も継続できるよう頑張りましょう。

 

index

ネオ動物病院について

当院について
診療について
ネオの一日・診療の裏側

定期配信ネオ動物病院コラム

うさぎちゃんコラム
ねこちゃんコラム
わんこちゃんコラム
ハムスターちゃんコラム
動物コラム
小鳥ちゃんコラム
2022年3月度わんこちゃんコラム
2022年3月度ねこちゃんコラム
2022年3月度ことりちゃんコラム
2022年3月度うさぎちゃんコラム
2022年3月度はむちゃんコラム
2021年12月度うさぎちゃんコラム
2021年12月度ハムスターちゃんコラム
2021年12月度わんこちゃんコラム
2021年12月度猫ちゃんコラム
2021年12月度小鳥ちゃんコラム
2021年9月度うさぎちゃんコラム
2021年9月度ハムスターちゃんコラム
2021年9月度わんこちゃんコラム
2021年9月度ねこちゃんコラム
2021年9月度小鳥ちゃんコラム
2021年7月度わんちゃんコラム
2021年7月度ねこちゃんコラム
2021年7月度はむすたーちゃんコラム
2021年7月度うさぎちゃんコラム
2021年7月度とりちゃんコラム
2021年3月度とりちゃんコラム
2021年3月度うさぎちゃんコラム
2021年3月度はむすたーちゃんコラム
2021年3月度ねこちゃんコラム
2021年3月度わんちゃんコラム
2020年12月度わんちゃんねこちゃんコラム
2020年12月度小鳥ちゃんコラム
2020年12月度うさちゃんコラム
2020年12月度ハムスターちゃんコラム
2020年7月度小鳥ちゃんコラム
2020年7月度ねこちゃんコラム
2020年7月度わんちゃんコラム
2020年7月度はむちゃんコラム
2020年7月度うさちゃんコラム
2020年3月度ハムスターちゃんコラム
2020年3月度小鳥ちゃんコラム
2020年3月度うさぎちゃんコラム
2020年3月度ねこちゃんコラム
2020年3月度わんちゃんコラム
2019年12月度ハムスターちゃんコラム
2019年12月度うさぎちゃんコラム
2019年12月度小鳥ちゃんコラム
2019年12月度ねこちゃんコラム
2019年12月度わんちゃんねこちゃんコラム
2019年9月度ハムスターちゃんコラム
2019年9月度ねこちゃんコラム(7歳以上)
2019年9月度わんちゃん・ねこちゃんコラム(6歳以下)
2019年9月度うさぎちゃんコラム
2019年9月度小鳥ちゃんコラム
2019年9月度わんちゃんコラム(7歳以上)
2019年7月度ハムスターちゃんコラム
2019年7月度うさぎちゃんコラム
2019年7月度小鳥ちゃんコラム
2019年7月度わんちゃんねこちゃんコラム
2019年3月度ハムスターちゃんコラム
2019年3月度うさぎちゃんコラム
2019年3月度小鳥ちゃんコラム
2019年3月度ねこちゃんコラム
2019年3月度わんちゃんコラム
2018年12月度ハムスターちゃんコラム
2018年12月度小鳥ちゃんコラム
2018年12月度うさぎちゃんコラム
2018年12月度ねこちゃんコラム(6歳以下)
2018年12月度わんちゃんコラム(6歳以下・避妊済み)
2018年12月度わんちゃんコラム(6歳以下・未去勢)
2018年12月度わんちゃん・ねこちゃんコラム(7歳以上)
2018年10月度うさぎちゃんコラム
2018年10月度ハムスターちゃんコラム
2018年10月度小鳥ちゃんコラム
2018年10月度ねこちゃんコラム(7歳以上)
2018年10月度ねこちゃんコラム(6歳以下)
2018年10月度わんちゃんコラム(7歳以上)
2018年10月度わんちゃんコラム(6歳以下)
2018年8月度うさぎちゃんコラム
2018年8月度ハムスターちゃんコラム
2018年8月度小鳥ちゃんコラム
2018年8月度わんちゃん・ねこちゃんコラム(7歳以上)
2018年8月度わんちゃん・ねこちゃんコラム(6歳以下)
2018年4月度小鳥ちゃんコラム
2018年4月度ハムスターちゃんコラム
2018年4月度うさぎちゃんコラム
2018年4月度ねこちゃんコラム
2018年4月度わんちゃんコラム
2018年3月度わんちゃんコラム(7歳以上)
2018年3月度わんちゃんコラム(6歳以下)
2018年3月度ねこちゃんコラム(7歳以上)
2018年3月度ねこちゃんコラム(6歳以下)
2018年1月度ハムスターちゃんコラム
2018年1月度うさぎちゃんコラム
2018年1月度小鳥ちゃんコラム
2018年1月度ねこちゃんコラム(7歳以上)
2018年1月度ねこちゃんコラム(6歳以下)
2018年1月度わんちゃんコラム(7歳以上)
2018年1月度わんちゃんコラム(6歳以下)
2017年11月度ハムスターちゃんコラム
2017年11月度小鳥ちゃんコラム
2017年11月度うさぎちゃんコラム
2017年11月度猫ちゃんコラム(7歳以上)
2017年11月度わんちゃんコラム(7歳以上)
2017年11月度ねこちゃんコラム(6歳以下)
2017年11月度わんちゃんコラム(6歳以下)
2017年8月度うさぎちゃんコラム
2017年8月度ハムスターちゃんコラム
2017年8月度小鳥ちゃんコラム
2017年8月度猫ちゃんコラム
2017年8月度わんちゃんコラム
2016年10月度うさぎちゃんコラム
2016年10月度ハムスターちゃんコラム
2016年10月度小鳥ちゃんコラム
2016年10月度ねこちゃんコラム
2016年10月度わんちゃんコラム
2013年7月度うさぎちゃんコラム
2013年7月度はむすたーちゃんコラム
2013年7月度小鳥ちゃんコラム
2013年7月度ねこちゃんコラム
2013年7月度わんちゃんコラム
2013年4月度猫ちゃんコラム
2013年4月度わんちゃんコラム
2012年12月度うさぎちゃんコラム
2012年12月度ハムスターちゃんコラム
2012年12月度小鳥ちゃんコラム
2012年12月度ねこちゃんコラム
2012年12月度わんちゃんコラム
2012年3月度うさぎちゃんコラム
2012年3月度猫ちゃんコラム
2011年11月度うさぎちゃんコラム
2011年11月度ハムスターちゃんコラム
2011年11月度小鳥ちゃんコラム
2011年11月度猫ちゃんコラム
2011年11月度わんちゃんコラム
2011年7月度コラム
2011年5月度うさぎちゃんコラム
2011年5月度ハムスターちゃんコラム
2011年5月度小鳥ちゃんコラム
2011年5月度ねこちゃんコラム
2011年5月度わんちゃんコラム
5月からフィラリア予防接種を始めましょう

ネオ動物病院ブログ

2022年3月度わんこちゃんコラム
2022年3月度わんこちゃんコラム
2022年3月29日
春がきた!!3月からノミ・マダニ予防を!! 3~5月中にフィラリア予防を!!始めましょう!! 最近膵炎の子が増えています。 慢性腎不全や肝炎、腸炎の子が慢性膵炎を併発していたり、むし歯の最近から膵炎を併発した子もいました。 膵炎は膵臓からもれる消化酵素の性で臓器の事故融解が進み、生命を落とすこともある非常に憎い病気です。治療は困難を極めます。犬の膵炎のリスク...
2022年3月度ねこちゃんコラム
2022年3月度ねこちゃんコラム
2022年3月29日
最近慢性膵炎の子が増えています。 嘔吐や下痢の続く子、慢性腎不全や胆管肝炎の子が慢性膵炎を併発するケースがみられます。 膵炎は膵臓の出す消化酵素による自己融解で周囲の臓器(肝臓や十二指腸)も巻き込み、三微炎という病態を引き起こしたり、腹膜炎になったりして、生命に関わる怖い病気です。 そのリスクを上げるのは・・・ 1.肥満 2.人の食べ物を与える 3.高TG血...
2022年3月度ことりちゃんコラム
2022年3月度ことりちゃんコラム
2022年3月29日
春がやってきました!(発情もやってくる…) ・鳥は明るい時間が長くなると発情します。 明るい時間を10時間以内に。それでもダメなら6~8時間以内にしましょう(長日繁殖動物) 文鳥だけは短日繁殖動物ともいわれます。日本の文鳥は夏の暑い時期のヒナ出荷を避けるために、日の短い秋冬~春に産卵させていた為だそうです。 原産地インドネシアでは年間通じて日照時間に差が...
2022年3月度うさぎちゃんコラム
2022年3月度うさぎちゃんコラム
2022年3月29日
春がやってきました! うさぎさんたちもぽかぽか日向ぼっこが楽しい季節になりました。元気にしてくれているでしょうか? 日によって「ちょっと暑いな」と感じたり、「冷えるな」と思ったり、この時期は寒暖差が大きく、うっかり夜中の暖房を切ったままにしてお腹を冷やして便が減ったり、下痢したりしてしまう子が多い季節です。 また、毛が抜け出して、それを飲み込むことで以内に毛玉が形...
2022年3月度はむちゃんコラム
2022年3月度はむちゃんコラム
2022年3月29日
春がやってきました!! ハムちゃんたちはお元気ですか? 寒さに弱いハムちゃんたち、暖かくなって元気も食欲もパワーアップしてくる季節です。 ハムスターは子供さんが世話されることも多いようですが、必ず大人がしっかりとアドバイスしてあげて、中毒や事故のないように気をつけましょう!! ※大丈夫かどうかわからないものは与えないでね! ☆ハムスターに与えてはいけな...
2021年12月度うさぎちゃんコラム
2021年12月度うさぎちゃんコラム
2021年12月9日
寒くなってきました。うさちゃんたちはお元気ですか? 新規のうさぎさんの患者さんが増えてきましたので「気をつけてほしいこと集!」をお送りいたします。 (耳にタコができた!という方もどうぞ復習のつもりで…) 1.うさぎの健康寿命を守るカギは「歯と腸」!!この2つのケア、早期発見、早期治療を心がけましょう。 2.うさぎの歯は切歯も臼歯も常生歯(伸び続ける歯)で...

ご相談やお問合わせはこちらから