初めてのお留守番

ホーム / 津村先生の日記 / 初めてのお留守番

マロンちゃん。

初めて病院に来られたのが4ヶ月齢の仔犬の時でした。

その頃からワクチンの注射やお耳のおそうじの時も我慢強く、

次に会う時はしっぽを振って寄ってきてくれるとても人なつっこい

1才の女の子です。

この日はマロンちゃんの初めてのお留守番の日。

もうすぐ8ヶ月になろうという頃です。

まだまだやんちゃなマロンちゃんを、一人でお留守番させるのを心配されて

急遽お預かりさせてもらうことになりました。

お父さんもお母さんもとても心配されていたけど、マロンちゃんは

お預かり中もとてもいい子で、ケージの中で大人しくしてくれていました。

途中、退屈してきたようなので広いスペースに移動するとこの表情!

夕方、ご家族皆さんでお迎えにこられ、マロンちゃんは元気に帰って行きました。

終始、マロンちゃんのあつい視線を感じながら癒された1日でした。

あれから、また成長して大きくなったマロンちゃんは一人でお留守番できるようになったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です